学生日記

現代版徒然草だと思ってくれれば幸いです。兼好法師に殴られるかもですが。

観葉植物

今週のお題「買ってよかった2022」

妹とお母さんの部屋はいつも花の匂いがします。入り口に何本か置いてある謎の棒のおかげでしょうか。華やかで、かと言ってそこまでキツくはない、いい匂いがします。

かたや僕の部屋は、その棒が、気持ち程度2本置かれています。線香みたいに。上に僕の遺影があっても違和感ありません。いやいやいや、そんなもので僕の部屋のニオイが消せると思うなよ。

僕の圧倒的ニオイの前には、ないも同然なのです。

そこで最近買ったものが、観葉植物。買ったというか、買ったものをもらったというか。実際リビングに置くつもりだったものを、是非とも僕の部屋に!ということでスカウトして部屋に入れました。まぁ四捨五入したら買ったといえるんじゃないかと。

で、鬼のように光合成をしてもらって、僕のあふれんばかりの部屋のニオイを消してもらおうと思いました。ニオイというニオイを僕の部屋から吸い取ってくれ、と。

で、最近、観葉植物の方が白旗を上げ始めています。そんなことある?

心なしかちょっと茶色くなりかけています。水はあげているはずなのに。太陽の光も入れているのに。何が原因かと言われると、もう僕の「ニオイ」以外見当たらないんですよね。僕のニオイがついに観葉植物に勝ちました。サッカーでいうとブラジルくらい強い。もう向かうところ敵なしです。このままぜひともワールドカップ優勝を勝ち取ってもらいたい。

じゃ、無くて。おいおい観葉植物。お前の力はそんなものじゃないだろ!といった感じで、最近は観葉植物との会話による消臭能力向上を試みています。今のところ効果はありません。

でも、観葉植物って意外と愛着がわくんですよ。最初、夜中に起きたら毎回幽霊と見間違えて驚いていたんですけど、今となれば、なんだ観葉植物か…となるだけです。慣れって恐ろしいですね。本物の幽霊と対峙したら間違えて水をやる可能性すらあります。それくらい馴染んでいます。

水をやった後土が水を「シュコー---」と吸い取る音も好きです。

あと、いい感じに話し相手になってくれます。基本会話が一方通行になってしまうことを除けば最高の話し相手です。どれだけ身の上話をしても寛容に受け止めてくれます。寛容植物とか言って。ははは   は   あの、なんというか、その

観葉植物、おすすめです。