学生日記

現代版徒然草だと思ってくれれば幸いです。兼好法師に殴られるかもですが。

将来は、プリキュアになりたい所存です

どうも札幌では初雪を観測していたそうです。いやー、冬ですね。札幌でしんしんと雪が降っている中、かたや本州では顧問の不満が、それこそ雪のように積っています。観測史上初くらいの怒り具合。どうやら保護者からクレームが入ったらしくて。その不満はどこへ行くのかっていうと、不思議なことに部員なんですよね。叱咤の豪雪が、降っても降ってもまだ降り止まぬ。部員の背中は丸くなる。いや、謝罪しているだけなんですけど。

心身共に疲れ切っています。ぶつける先もなく、しんしんと。

それで、最近思うんですよ。いや、真面目な話、冗談抜きで、プリキュアになりたいと。

プリキュアになりたい(16才 男)

110はまだ早いです。落ち着いてください。まずその携帯をしまって。

プリキュアといえば、怪人を倒す、アレです。アレ以外の何者でもありません。アレに、なりたいのです。

まず、プリキュアになると、みんなから感謝されます。それも目立たずに、陰ながらのヒーローですよ。

さらに、プリキュアになると、合法的に怪物を殴れます。積もり積もる不満を拳に込めて「怪物だから」という理由で理不尽に殴れるのです。相手が正しいとか、実はいい奴とか関係ありません。右ストレート、右ストレート、からの右ストレート。最高。

そして、変身できます。人は誰しも変身したいのです。前に座っているあの子も、隣のおじさんも、皆変身したいと思いながら日々を過ごしています。それを叶えることができるのです。

そしてプリキュアの前提条件として、学生、と言うのがあります。

なるしか無いじゃないですか。プリキュアに。

名前を決めなければなりません。えーと、なんだ。キュア、キュア…好きな食べ物…塩辛…。そうです、キュア塩辛でいきましょう。

仲間も必要です。可愛い女の子だとちょっと会話できないので、まずは友達の石川、増田、あとついでに顧問もプリキュアになってもらって、不満を怪物にぶつけることで部員の負担を減らしましょう。名前は、石川から順にキュアレバー、キュアおでん、キュアビーフジャーキーで、チーム名は「酒のつまみ」。

完璧です。来週の日曜9時から放送されてもなんら違和感ありません。あー、

プリキュア、なりたいなぁ。

 

…将来僕が犯罪をしたらこの文章が世に出されるのでしょうか。その時は潔く罪を認めましょう。